名刺
名刺へのこだわり

名刺交換をすると、当社の名刺を見て「素敵ですね」と、ほとんどの方に仰って頂きます。
とても誇らしい気持ちになりますし、印刷の方法や紙についてのこだわりをお話したくなり、
自然と会話も弾みます。そして、おしゃれな名刺に出逢うと、嫉妬するような思いで何度も
眺めては、大切に名刺の保存ファイルへ収めるのです。
手元の名刺が少なくなれば「今度名刺を作る時には、文字色をグレーにしようか、ロゴは
エンボスがいいかな、ペーパーは風合いのある純白にしよう・・」などと、組み合わせを
考えるのが楽しくて、とてもワクワクするほど小さな紙の世界に魅せられています。

名刺は自分自身を自己紹介するものですから、つまり自分の分身。
印刷された名前とともに「私」というものを視覚的に主張できる武器だと思っています。
糊のきいたシャツを着て髪を整え、はじめまして。とお渡しする名刺は、デザイナーという
仕事柄、自身のセンスや好みを瞬時に知られるようで、そこにこだわりや気合いを自然と
込めてしまいます。名前の活字を「明朝体」にするか「ゴシック体」にするかだけでも悩ましい。
それほど、名刺というツールは大切で、仕事に向かう姿勢にも影響するように思います。

当社で名刺のご注文をお受けする、と考えた時に価格の安さやスピード納期では、他社さまに
全く勝てないと諦めました。ならば名刺交換の際に「素敵な名刺ですね」と、必ずひと言頂けるような
一枚をお一人でも多くの方に持って頂きたいと考えました。例えば、印刷サンプルを用意するのなら、
当社ではこんなことが出来ます、ではなく、こんな風にするとおしゃれに仕上がりますよ、という
ご提案をしたいと。お手元でサンプルを見て頂いたり、本サイト内でデザインやイメージ写真を
見て頂き、こんな名刺なら作ってみたいと思って頂けましたら、ぜひご相談・ご注文をお待ちしています。
名刺交換をするのが待ち遠しくなるような、そんな大切な一枚を当社でお作りいたします。

書体について

書体、つまりフォントについては、こだわりの要素がたくさん詰まっています。
当社では、パソコンに標準でバンドルされているフォントをそのまま使用するのではなく、
ひらがな・漢字・数字・欧文は、好みのものを組み合わせて使用しています。
組み合わせ方にも様々なコツがあり、丁寧に文字詰めをした際に、漢字や数字がバランスよく
まとまる相性が大切です。毎年新しい書体が発売されていますが、あまり流行には影響を受けず、
比較的歴史のある字面の美しいもの、選び抜いた愛着のあるものに絞って名刺デザインを
作り続けています。レイアウトもさることながら、美しい書体があって初めて美しい名刺を
作ることができるのですから、それらを100%活かせるよう、行間やスペースの空け方にも神経を遣い、
制作の際には細部まで微調整を行います。書体の扱いについては、これまでに培った経験とノウハウで
確実に差が出る、当社が自負する部分でもあります。

レイアウトについて

書体選びと共にこだわり続けているレイアウト。その目的やご職業にあわせて数多くのデザインを
ご提案し、個々のレイアウトに神経を遣っています。デザインサンプルは、あくまで架空の内容ですから
お客さまの原稿を当てはめてこそ息をします。お選び頂いたデザインサンプルのひな形をベースに
制作を進め、原稿量の多寡にも対応いたしますが、文字の字面や原稿のボリュームによってバランスが
大きく変わる場合は、レイアウトを2パターン制作してご確認頂くこともあります。かのバウハウスの
名言「神は細部に宿る」を座右の銘として、制作時には0.1ミリ単位での文字組みに時間をかけ、
丁寧にお作りいたします。ご職業と肩書きはひとつでも、どのデザイン、どのレイアウトを選ぶかで
印象が全く変わるのが名刺の面白さ。カテゴリごとにゆっくりデザインサンプルをご覧頂き、
お気に入りの一点を探して頂ければ幸いです。

ペーパー・その他

世の中に存在する紙の種類は途方もなく膨大で、当社で所有する紙サンプルもたいへんなボリュームです。
しかしながら、色、厚み、風合い、コシなど、それぞれの特徴を比べながら紙に触れる時間は
とても幸せで私どもの仕事には欠かせない存在です。印刷物に使用する紙の質感や風合いは、
その仕上がりに大きく影響するため、選び方も重要です。シンプルで特段目立つ要素のない
名刺デザインでも、風合いのある厚手の紙に印刷することで、驚くような存在感を魅せる場合もあり、
未だに新しい発見をすることもあります。現在、名刺用としてご用意できる紙は数が少なく限定されていますが
今後は種類を徐々に増やしていく予定です。数は少なくとも、薄手・厚手・特厚、ツルツル滑らかなもの、
ざらざらと風合いのあるものなど、個性のあるものをセレクトしました。紙の特徴や実際の質感を
WEB上の画像で適切にお伝えすることは難しいため、実際にお手にとってご確認頂けるよう
無料のサンプルセットもご用意しています。
デザイン、印刷方法、そして紙。楽しみながらお選び頂ければと思います。